鍵は大切なもの


    マンションと公園

  • 鍵は様々な場所で使われています。まず、もっとも使われているのは家の玄関です。鍵がついていない家というのはまずありません。また、金庫にも使われますし、自動車やバイク、自転車といった乗り物にも鍵はついています。では、鍵の種類はどんなものがあるかというと、まず穴と鍵がそれぞれ分かれていて、物理的な鍵で開けるというタイプ、そして、ロックするシステムが一つだけあり、数字を入力したり、数字を合わせたりすることで開けるというタイプが代表的です。 物理的なキーの場合、紛失してしまうというトラブルがよく起こります。たとえば、キーと財布を同じポケットに入れて外出し、買い物をするために財布を取り出した時に一緒にポケットからキーが飛び出してしまい、そのまま地面に落ちて気づかないといったケースがあります。

    紛失トラブルを解決するためのサービスですが、特殊な道具を使って解錠するというのがまずあります。鍵によるロックのシステムにはいくつかのパターンがあり、そのパターンを知っていれば鍵自体を用いなくても開けることは可能なのです。家のキーや車のキーを紛失してしまい、すぐに解決したいという場合はこうしたことを行える業者が有効です。 また、破壊可能なロックシステムの場合、それを破壊してしまうというサービスがあります。たとえば、自転車のワイヤーロックがそうです。ワイヤーロックを外すためのキーを紛失してしまったという場合、業者に頼んでワイヤー自体を切断してもらうわけです。このサービスは鍵を扱っている業者以外でも可能です。