鍵を取り替える方法


    鍵束

  • 鍵を無くすとたちまち用事が出来なくて困った事態になります。そして時間は猶予できないものです。そのような場合に対応してくれるカギの救急車のような業者があって助かります。 鍵を無くしたら取り替えるほうが安全です。カギの救急車は全国で126店舗展開する防犯業界のパイオニアです。 車の場合はイモビライザー搭載車の合鍵作製、あるいはそれが無い場合も作製できます。住宅やバイク、ロッカーや金庫などから外国製の特殊なキーまで作製できます。カギの救急車は防犯対策や作業については下見や見積に基づいて行われます。カギの救急車では合鍵の場合、車やバイクの一般のキーなら650円から、内溝キーは3240円、イモビ付キーは1万800円からできます。 住宅や金庫の場合は650円から、内溝キーやディンブルキーの場合は3240円から、棒鍵なら2700円からとなっています。出張開錠は1万円からとなっていてエリアや夜間料金が発生することがあります。

    鍵の歴史は4500年以上といわれています。最初に使われたのはエジプトとされますが、その後ギリシアやローマへと伝わって行きました。 日本においては7世紀ごろの遺跡から発見された海老錠が知られています。 江戸時代になっても一般庶民は鍵を使っていませんでした。戸締りには心張り棒と呼ばれるつっかい棒で戸締りを行っていました。 屋敷においては門扉の戸締りは閂を用いていました。大きな商家では蔵の戸締りに南京錠や阿波錠を使用していたようです。 近代においては南京錠を始めシリンダー錠などが使われるようになりましたがピッキングなどの被害に会うことも多くなり、指紋認証とか静脈認証などの高度な技術も取り入れられるようになって来ています。